借金の時効は今すぐ確認

借金の時効が成立するまで

借金の時効が成立するためには、借入を受けている先にもよりますがお金を借りてから5年〜10年の間返済しない、という状況を継続する必要があります。

 

その間ただ何もしない状態を続ける、というのは実際にはかなり難しいものです。

 

たとえば時効が成立するまでの期間は業者からの催促を回避する必要がありますので、いわゆる「夜逃げ」などの手段を使うケースもあるかもしれません。

 

しかし、映画やドラマなどであるように新しい住所に逃げればそれで終わりなどということはなく、現実には債権者はお金を返してもらうための方法を講じることになります。

 

もちろん新しい住所に移ったとしても、住民票も同時に移してしまうとその住所が債権者に知られてしまうため、催促の連絡が入る可能性があります。

 

また、勤務先についても同じ職場で続けて働くことは難しいため、住所や職業を転々とすることになるかもしれません。

 

もしも子供がいれば、子供も一緒に転校を繰り返すことになりますので、日常生活にもかなりの支障をきたすことが考えられます。

 

もうひとつ気をつけたいのが借金の返済をしないということは、借金の残高そのものが全く減らないということです。

 

消費者金融などのカードローンを利用してお金を借りている場合などは、借入残高や延滞日数に応じて遅延損害金が発生することがあります。

 

この遅延損害金は、延滞した日数が多くなるごとに金額も増えていく仕組みですので、もしも年単位で返済をしなかった場合にはかなりの金額になるのではないでしょうか。

 

さらに、債権者から連絡が届き返済を請求された場合は、その分も含めて支払う必要がありますので、最初に借入を受けた時に比べてかなりの金額を支払わなければならない可能性もあります。

 

ここでのポイントは、ただ単に業者からの催促を無視していれば良いというわけではない、という点にあります。

 

カードローン業者からお金を借りている場合は、返済することを前提とした契約を結んでいますので、その契約をもとに裁判所に申し立てて支払命令が出される場合もあります。

 

こうなると当然ながら借金の消滅時効は中断されますし、支払をしなければ処罰の対象となる可能性すらあります。

 

このように、借金の時効が成立するまでの期間というのはただ返済をしなければ良いというわけではありません。

 

「返済をしない」とだけ見るとかなり単純なように思われるかもしれませんが、現実問題としてその状態を続けることは極めて困難であり、その意味では時効を成立させることができるケースも極めて稀なケースといえるかもしれません。