借金の時効は今すぐ確認

借金の時効の援用について

借金の時効とは、ひらたく言えば借りたお金を返さなくても良いという状態です。

 

借りたお金を返さなくても良いということは、借金をした側にとってはとても都合の良いことのように思われがちですが、実際にお金を貸した側からすれば返してもらえない借金というものは単なる損失でしかありません。

 

この借金の時効は、個人の場合で10年、業者から借入を受けた借金の場合で5年という期間が時効期間となっています。

 

個人からの借金であってもその期間が経過し、条件を満たしていれば時効が認められるということになります。

 

とはいえ、個人からお金を借りた状態のまま10年も返さない状態を継続することは並大抵のことではありません。

 

お金を借りるほどの関係ともなれば、昨日今日知り合った相手ではありえないことなので、相当親しい関係であるか、あるいは家族・親族という間柄であることが考えられます。

 

そんな親しい人から借りたお金を返さないばかりか、しかも10年もの期間を過ごさないといけないというのは、単純に考えただけでもかなり厳しいものがあるのではないでしょうか。

 

そんな個人間の借金であっても10年が経過すると時効となりお金を返さなくても良い状態となります。

 

ただし、何もせずに10年待てば良いというわけではありませんし、10年経てば自動的に借金が帳消しになるということでもないのが時効というものです。

 

時効を成立させるためには、確かに法律で定める期間が経過していることが条件となるのですが、そこからさらに「この借金は時効です」ということを法的に証明する必要があります。

 

このことを法的には「時効の援用」と呼んでおり、これができて初めて時効が成立するため、これをしない間はいくら所定の期間が経過していても借金の時効は完成せず、お金を返さなければならない債務は残ります。

 

時効を援用するためには、内容証明郵便を債権者(=お金を貸した人)に送付することで行いますが、これは貸主が個人であっても業者であっても法的に時効を成立させるためには必要なことです。

 

時効を援用させるための内容証明郵便の書き方についてはインターネットなどで調べることもできますし、行政書士や弁護士に相談して書いてもらうこともできます。

 

もちろん行政書士や弁護士に相談して書いてもらった場合は別途報酬が必要となりますので、こうした費用を節約したい場合は自身で書くと良いでしょう。

 

時効が無事に成立すればその借金に対しては返済する必要がなくなります。