借金の時効は今すぐ確認

借金の時効よりも債務整理

借金の時効が完成するとその分に対しては返済をしなくても良くなります。

 

これは、時効の完成によって債権者が借金の返済について請求することができなくなるためですが、実際にはこの時効が成立することはほとんどありません。

 

確かにお金を借りたもののその借金について返済することが難しいということであれば、借金を返さなくても良くなる時効はかなり魅力的な話のように思われがちです。

 

しかし、現実には債権者からの請求や裁判所からの通知などで時効が中断することが多く、借金の時効が完成することはほとんどありません。

 

では、もしも借りたお金が返せなくなった場合にはどのような方法が現実的なのでしょうか。

 

このような場合、借金の時効が成立するための期間が経過するのを待つよりも現実的なのが、借金の債務整理です。

 

債務整理には様々なものがあり、任意整理や特定調停、個人再生、自己破産といった手続きがあります。

 

基本的には借金の返済が難しくなった債務者を救済することを目的としたもので、たとえば任意整理の場合は債権者と直接交渉をして、返済方法や返済金額を見直す手続きを進めることができます。

 

こうした手続きをすることによって、借入を受けている金額を減らしたり、あるいは返済に必要な期間を延長してもらうことで現在の返済を少しでも楽に進めることができるようになります。

 

この債務整理の手続きの中には、自己破産のように借金の債務をゼロにしてもらうといった手続きもあります。

 

借りたお金を返さなくても良くなるという点では、借金の時効と同じ効果がありますが、自己破産の場合はその後の経済活動に大幅な制限がかけられることになりますので、強力な効果がある分デメリットも大きいといえます。

 

ただし、債権者から逃げながら借金の時効が成立するまでの期間を過ごすことを考えると、どうしても返済ができない場合などはこうした方法も考えておいても良いかもしれません。

 

こうした債務整理の目的は先ほども説明したように、債務者の救済が大きな目的となっていますが、それは借金の返済をチャラにするということではなく、完済できる方法を提案し、借金を解決することが大きなテーマとなります。

 

借金を返さなくても良い時効の成立を待つよりは、こうした債務整理を行った方が時間も無駄にならずに済むのではないでしょうか。

 

なお、債務整理の手続きは法律事務所で相談できますので、もしも借金が返せない状態になってしまっているという場合には時効の成立を考える前に相談してみると良いでしょう。