借金の時効は今すぐ確認

借金の時効を待つよりも別の方法を考える

借金の時効は、成立することがかなり難しいといわれています。

 

テレビドラマなどで時効といえば、とにかく逃げ続ければ良いというイメージがありますが、借金の時効については必ずしもそれだけではありません。

 

基本的には借金の時効の場合は5年〜10年の期間が経過することが必要となります。

 

いわゆるカードローン業者から借りている借金については5年という期間の経過が必要ですが、その時効が成立するためには5年間返済をせず業者からの請求も届かない状態である必要があります。

 

この段階で借金の時効が成立する可能性というのはほとんどないと思います。

 

そもそも借金の債権者であるカードローン業者から全く請求が届かない状態を5年も続けるというだけでもかなり可能性が低いのではないでしょうか。

 

借金の時効とは、債権者が貸付を行った分に対して返済してもらうように請求を全くしていない状態が一定期間続いた場合に成立するものなので、お金を返さない相手に対して全く催促をしない、というのも現実的な話ではないでしょう。

 

また、カードローンなどを利用してお金を借りている場合、その分に対して返済をしなければならないという契約をかわしています。

 

契約の中には、返済しなかった場合の規定についても盛り込まれておりたとえば遅延損害金の利率やその計算方法などが記載されていますので、返済が行われなかった場合にはその分も含めて請求が行われることになります。

 

また、借金をした分に対して返済をしないままという状態を続けていると詐欺罪などに問われる可能性があります。

 

これはどういうことかといえば、借金を返す気がないのにお金を借りた、と判断される可能性があるためです。

 

さすがにこれは極端なケースといえるかもしれませんが、業者からすればお金を貸している以上は返済してもらう必要があることに変わりはありません。

 

借金があるならその分について催促をしても返済してもらえないということであれば、そのまま放置するということは基本的にはありえない話です。

 

督促状などを送って返済を促してもその分についての改善がみられなければ裁判所に申し立てて訴訟を起こされるケースもあるかもしれません。

 

当然ながらそのような場合にはそこで借金の時効は中断してしまいますので、いくらお金を返さない状態が5年以上続いていたとしても時効期間としてはカウントされないということになります。

 

このように、借金を返さなくても良くなる時効を迎えるまでには様々な問題があるといえます。

 

そのため、もしも借金の返済ができないという事態に陥った場合には時効を待つよりも別の手段を考えたほうが良いでしょう。