借金の時効は今すぐ確認

借金の時効と返済できなくなった場合

お金を借りた場合というのは、その時の状況にもよりますが返済しなければならない場合がほとんどです。

 

特に消費者金融などのカードローンを利用して借入を受けた場合というのは、毎月決まった金額を返済に充てていくという必要があります。

 

ただし、この返済というのはなかなか面倒なもので、できれば払わなくても良い状態にならないものか、と考えてしまう場合もあることでしょう。

 

借金の時効とは、借りたお金を返さなくても良いという状態にすることができるものです。

 

これは、消費者金融などのカードローン業者から借入を受けている場合で5年、家族や友人などの個人的な借金の場合で10年という期間が経過すると時効成立の条件を満たすことができます。

 

では、消費者金融などからお金を借りた場合でも5年間放置していれば返さなくても良くなるのかといえば、そこまで単純な話ではありません。

 

時効を成立するためには、その間全く返済の催促や請求がないという状態を継続しなければならず、それを5年間続ける必要があります。

 

いくらなんでも返済がない状態を業者が5年も放置することなどありえないことなので、借金の時効が成立するというのは少し現実離れした考えといえるかもしれません。

 

そこで、次に考えてみたいのが借金の返済計画です。

 

時効を迎えて返済しなくても良くなる状態にすることはおそらく不可能なので、そこに至るまでの考えとして、たとえば毎月いくらなら返済できるのか、あるいはいくらの残高になれば返済が可能なのか、ということを考えましょう。

 

こうした返済計画というのは、実際に借入を利用しているカードローン業者に直接相談してみても良いですし、弁護士などの法律の専門家に質問して現実的な返済計画を考えるという方法もあります。

 

カードローン業者が最も避けたいのは返済ができないということよりも連絡がつかない状態になるということです。

 

なので、もしも返済できない可能性があるという段階で逃げずにまずはその事実を業者に伝えて、返済計画の相談をしてみると良いでしょう。

 

大切なことは、借りたお金に対しては返済する意思があるということを伝えることです。

 

これでもしも返済しないまま放置していると、どんどん遅延損害金も膨らんでいきますし、最悪の場合お金を借りている業者から訴えられる可能性すらあります。

 

借りたお金を返さなくても良くなる借金の時効については確かに都合の良いことといえるかもしれません。

 

しかし、

 

返さない前提でお金を借りるよりは、その事実としっかりと向き合うことも大切です。