借金の時効は今すぐ確認

借金の時効は法律家に相談

ドラマなどでは殺人を犯した容疑者が時効の成立まで逃げるといった展開がありますが、借金にも時効があります。
ただし、借金の時効というものは刑事事件のようにその時間が経過すれば自動的に借金が消滅するといった性質のものではありません。
確かに借金の時効が成立すれば、借りたお金についても返済しなくても良くなりますが、こうした支払い義務を消滅させるためには「消滅時効の援用」という手続きを行う必要があります。
つまり、借金の時効を成立させるためには、時効を援用するということが条件となりますので、時間が経ったら自動的にお金を返さなくても良くなるというわけではありません。

 

ではこの借金の時効の援用とはどうすれば良いのか、ということですが、その前にまずは自身の借金が時効を成立させるための条件を満たしていることを確認する必要があります。
たとえば消費者金融などのカードローン業者からお金を借りている場合、その借金の消滅時効のためには5年という期間が経過している必要があります。
そのため、その期間が経過する前に借金の時効が成立していることを主張しても意味はありません。
そんな場合に、自身の借金の時効が成立しているかどうかを調べるには様々な方法がありますが、自分だけでは少し不安だ、ということであれば法律の専門家に相談するという方法がおすすめです。
こうした法律のプロに相談をすることによって、自分の借金の時効が成立しているかどうかということはもちろんのこと、現在の自身の状況がどうなっているか、ということに至るまで確認してもらうことができます。

 

また、法律の専門家に借金の時効について相談するもうひとつのメリットは、実際に時効を迎えている場合にその手続を任せることができるという点にあります。
借金の時効を援用するためには、配達証明つきの内容証明郵便で貸主に通知を郵送するという方法をとります。
もちろん通知書については必ずしも専門的な知識が必要というわけではありませんが、確実に借金の時効を援用したい、ということであれば法律家に相談した方が安心です。
そもそも借金の時効が成立しているかどうかを判断することそのものが素人では難しいため、こうしたチェックも含めて相談したほうが良いでしょう。

 

借金の時効というものについて、何度もやったことがあるという経験はおそらく普通に人生を送ってきた人には皆無であるはずです。
そのため、どのような手続きをすれば良いのかということについても不安や疑問の方が多いのではないでしょうか。
借金の時効を失敗せずに成立させるためには、自分だけで悩まずに相談できるプロを見つけておくことも大切です。