借金の時効は今すぐ確認

借金の時効の成功率を高めるには

借金の時効が成立すれば借りたお金を返さなくても良い状態になりますが、そのためには当然ながら法定の時効期間が経過している必要があります。
実はこの時効が成立するための期間が経過しているかどうかは、時効が失敗する要因のひとつともいわれています。
法律では業者からの借入の場合で5年、個人からの借入の場合で10年という時効期間が規定されていますが、この期間が経過していないのに時効を援用してしまうというケースも少なくありません。
そこで、時効を成功させるための期間を調べるための方法について考えてみましょう。

 

まず第一の方法として、個人信用情報機関に登録されている信用情報を調べるというものがあります。
個人信用情報機関には、カードローンをはじめ金融機関との契約の内容や返済状況などについての情報が登録されています。
カードローンやクレジットカードの審査では、この個人信用情報機関に登録されている情報を参照して融資を申し込んできた人の返済能力に問題がないかを判断します。
この個人信用情報機関に登録されている情報を確認することで、自身の借金についての現在の状況を調べることができます。
登録されている信用情報については本人であれば情報の開示手続きをすることができますので、借金の時効を援用するための情報として活用してみても良いかもしれません。

 

同様にぜひ確認しておきたいのが、請求書や借金の明細などです。
借金の時効が成立するための期間とは、最後にその借金に対して返済を行った日の翌日から起算します。
そのため、最終の返済日を確認しておくことは借金の時効の成功率を高めるために重要な情報となっています。
借金の返済方法には、カードローン業者によってそれぞれ異なる情報が用意されているものですが、たとえば専用ATMがある場合はそこで出力されてきた明細をとっておくと最終の返済日を確認することができます。
また、返済しない状態が続くと業者から請求書が送られてくるケースもありますが、この請求書にも最終の返済日が記載されていますので、この情報を確認して時効の期間についての目安を調べることが可能です。
銀行の振込で返済を進めているという場合は、通帳などを確認しておくと良いでしょう。

 

借金の時効が失敗する要因のひとつは、現在の時効期間がどの程度経過しているのか、ということの確認ができていないという点にあります。
そのため、ここに挙げたような情報を確認しておくことが、時効期間の経過についても正確な情報を調べることにつながります。