借金の時効は今すぐ確認

借金の時効とクレジットカード

借金の場合も一定期間が経過すれば時効が成立します。
その後所定の手続きにて時効を援用すればその分に対する返済はしなくても良いという状態になりますが、この場合個人信用情報機関に登録されている情報はどんな状態になるのでしょうか。

 

まず、日本国内には「JICC」「CIC」「KSC」の3つの個人信用情報機関があり、それぞれ扱う情報や加盟している業者が異なります。
たとえば消費者金融業者の場合は「JICC」に加盟している場合が多く、登録されている信用情報についても消費者金融における内容がほとんどです。
JICCの場合は、借金の時効が援用された場合はその分については完済という扱いになり、信用情報からは抹消されます。

 

次にCICの場合ですが、CICには主にクレジットカード会社が加盟していますので、クレジットカードの信用情報についてはCICに登録されているということになります。
CICの場合の基本的な考え方としては、契約が完了してから5年間は信用情報を残す、というものがあります。
つまり、クレジットカード会社からお金を借りていた場合、その分について返済が完了したため解約をしたとしても、CICに登録されている信用情報については5年間は残る、ということです。
また、借金の時効を援用して返済しなくても良くなったという場合であっても契約が完了したという扱いになりますので、CICには情報が残ります。
では、このCICに残った信用情報はどういうものなのかといえば、契約が完了したということに変わりはないのですが実質的に返済をしていないため、「貸倒」という扱いになります。
返済を終えて解約をした場合というのは完済後の契約終了ということなので、その後新たにクレジットカードを発行する場合についても特に問題はありません。
しかし、時効を援用した場合というのは結局返済をしないまま契約を終了したことになりますのでその後新たにクレジットカードを発行する場合についても審査では影響を及ぼすことになります。
時効を援用したかどうかはともかく、個人信用情報期間に登録されている情報が「貸倒」という結果に終わった人に対して新たにクレジットカードを発行してもらえる可能性はほとんどないといえるでしょう。

 

このように、借金の時効の援用とは借金を返さなくて良くなる分、その後の経済活動にかなりの制限がかかることになります。
特にクレジットカードの発行については時効を援用した後は新規に発行することがかなり難しいと理解しておく必要があります。