借金の時効は今すぐ確認

借金が時効になっているかどうかを調べる

借金の時効は、一定期間返済をしない状態を継続することで成立する可能性があります。
消費者金融や銀行、信販会社などのカードローン業者からお金を借りた場合、その分に対する借金の時効は最後に返済をしてから5年が経過していることが要件となります。
しかし、ただ5年放置していれば良いというわけではなく、仮にその間まったく督促がなかったからといって、債務者の知らない間に時効が中断されてしまっている可能性もあります。
そのため、5年が経過しているからといって時効が成立しているとは限らないということになりますので、時効の援用をするためには中断などがなかったかということを事前に調べておく必要があります。

 

時効が成立しているかどうかを調べるために必要なことは、まずは自身の債務がいつから始まっているのか、ということを確認します。
返済期日が決まっている借金の場合は、その返済期日の翌日から時効の起算点となりますが、毎月決まった日に返済をすることが多い消費者金融などのカードローンについては最後に返済した日から時効のカウントが始まると考えておいて良いでしょう。
手元に明細や契約書などが残っていればそれらの書類から確認することもできますので、できれば借金についての書類は捨てずに残しておいた方が良いかもしれません。

 

ただし、借金の債権者である貸主側が時効を中断させるために裁判所に申し立てている可能性もあります。
この場合、住所が変わっていなければ裁判所からその旨を記した通知が届きますが、もしも取り立てを回避するために住所を変えている場合などは裁判を起こされているかどうかを調べることができません。
また、個人信用情報機関に登録されている情報を確認しても裁判を起こされているかどうかについては登録しなければならない情報ではないという理由から確認することはできなくなっています。
実際には裁判を起こされているかどうかを確認するためには本人が直接調べる他ないということですが、借金の時効を成立させるという意味で考えるとできれば直接対応するのは避けたいところです。

 

このような場合にぜひ利用したいのが法律の専門家である弁護士や司法書士に相談するということです。
こうした相談できる専門家がいれば、借金の時効が成立しているかどうかを確認することはもちろんのこと、借金の時効を援用する際の書類を作成することも依頼することができます。
借金の時効は完成させることがかなり難しいといわれていますので、自分ひとりだけで何もかも対応するということは考えずに、相談できる専門家を見つけておくことも大切です。