借金の時効は今すぐ確認

クレジットカードで利用した分の借金の時効

借金の時効は、クレジットカードで利用した分の滞納金についても適用できます。
クレジットカードは、利用した分について後で請求が届くというものですが、基本的な仕組みとして利用者に代わって信販会社が利用先に支払い、後日その分の請求が信販会社から届きます。
この分も一種の借金と考えることができることから、借金の時効を適用することができます。

 

借金の時効は、銀行や消費者金融業者からの借入を受けている場合で5年という期間が経過することで成立しますが、クレジットカードの場合もこれと同様に5年間経過すれば時効を援用することができるようになります。
具体的な方法としてはとにかくクレジットカード会社から請求が届いても無視をし続ける、という実にシンプルな方法です。
もちろんこの時効の期間が経過するまではクレジットカード会社に対して1円でも支払ってはいけません。
カード会社への支払があると、借金を認めたことになりますのでその段階で借金の時効は成立しなくなるからです。
しかし、このクレジットカードの支払を無視するというのはかなりリスクが大きなものといえます。
金融業者からの借金の場合、中には悪徳業者からの借入のように「身に覚えがない借金」である可能性があるのに対し、クレジットカードの支払を無視するというのはほぼ間違いなく「身に覚えがある借金」だからです。
そもそもクレジットカードの請求が届くのは、それだけカードで利用をしたからであって、それを無視し続けるということは様々な意味で問題があります。
クレジットカード会社にとっても、最初から支払う意思がないという状態でカードを利用したとなればそれは詐欺ではないかと判断される要因となりますので、かえってデメリットばかりが多くなってしまうのではないでしょうか。
そうなってしまえば、カード会社に裁判を起こされてしまう可能性も出てきます。
裁判を起こされてしまうとその事実に対して異議申し立てをすることで対応できますが、実際には自身がクレジットカードで利用した分の支払を拒否するということなので、かなり裁判では不利になることでしょう。
もちろんこのような状態では新たにクレジットカードを発行することはもちろん、他の金融業者などからお金を借りるということも事実上不可能となります。

 

このように考えると、基本的にはクレジットカードで利用した分の支払については遅れないようにきっちりと支払うことが大切です。
利用した分に対する支払が遅れることがあった場合には所定の利率に応じた遅延損害金を含めて請求が届けられますが、その分も含めてきちんと支払った方が問題も少ないのではないでしょうか。