借金の時効は今すぐ確認

親が残した借金の時効

親が死亡してその財産を相続する際に、借金も同時に相続することになります。
この場合、親の借金についても時効を援用することができるようになっています。
借金の時効に必要な期間というのは、個人間での借金の場合で10年、消費者金融や銀行などから借入を受けている、いわゆるカードローンなどの場合で5年という期間が規定されています。
基本的にはここで定められた期間について返済をせずに経過すれば時効が成立するという仕組みです。

 

親が利用していた借金についてですが、仮にカードローンの契約を親がしていたのであればその分の返済義務というものは当然ながら親にあるものです。
ただし、返済しないまま他界してしまったという場合であればその分の返済義務はそのまま子供に相続されます。
子供からすれば借金の相続というものは負の遺産というべきものですので、権利放棄をするというケースもあるかもしれませんが、実は親の借金であっても借金の時効は成立します。
この場合は、実際にお金を借りている先に応じて5年〜10年という期間が経過すれば借金の時効を援用することができます。

 

親の借金に対する時効を援用する場合、親から相続した日からではなく、その借金が最後に返済された日の翌日から起算します。
つまり、親が亡くなる前に返済をした日があるのであれば、その日の翌日から借金の時効期間のカウントが始まるという意味となります。
親から借金を相続した子供というのは当然ながらその借金の契約をした人(=親)とは別人ではありますが、その借金を相続したということなので法律上は同一人物であるとみなされます。
そのため、親から借金を引き継いだ場合であっても所定の期間が経過していれば時効が成立します。
そして、借金の時効が成立すればその分に対しては返済する必要はなくなりますので、親が借金を残していても時効を成立させることができれば債務は消滅します。

 

もちろんただ借金の時効期間が経過すればそれだけで自動的に借金が消滅するというわけではありません。
借金の時効期間が経過し、その間裁判所からの通知などといった時効の中断が行われておらず、時効を援用することで初めて借金は消滅します。
ポイントとなるのは、やはり時効期間が経過するまでの間に何らかの方法で時効の中断が行われていないかどうか、ということになりますが、この点さえクリアすることができれば相続した借金であっても時効が成立できる可能性はあります。