借金の時効は今すぐ確認

連帯保証債務の時効

お金を借りる場合、その金額が高額になった場合には連帯保証人を用意する必要があります。
この連帯保証人の役割は、実際にお金を借りた人が借金の返済をできなかった時にかわりに保証するという義務を負っています。
貸主である債権者と連帯保証人の間には保証契約というものが結ばれており、それによって主たる債務者に代わって返済をすることができるようになっています。
では、この連帯保証人についても借金の時効は成立するのでしょうか。

 

まず、連帯保証人であってもその債務というものは借金の時効が成立すると消滅します。
この場合、連帯保証人の債務は実際にお金を借りている人の債務とはまた別の債務という扱いになります。
つまり主たる債務とは別に独立して借金の時効が成立します。
借金の時効が成立するための期間については個人間の借金の場合で10年、消費者金融や銀行などから借りている場合の借金で5年となりますが、このあたりは連帯保証人であっても同じです。
また、時効期間の起算日についても最後に返済した日の翌日から、となっていますので、この点も連帯保証人だからといって特別な起算法が適用されるというわけではありません。
当然ながら、借金の時効を成立させるためには主たる債務に対して返済をしないということが前提となりますので、この点も連帯保証人だからといって大きな違いはないといえるでしょう。

 

連帯保証人は、貸主から直接お金を借りているというわけではありませんが、主たる債務に付随するものです。
そのため、主たる債務が借金の時効を迎えた場合にはその分に対する連帯保証についても同時に消滅することになります。
主たる債務に対する時効が援用されれば、借金そのものが消滅することになりますので、それに対する連帯保証債務もまた同時に消滅するということです。
ただし、ここで注意が必要なのが連帯保証人が時効を援用した場合その効力というものは連帯保証人に対してのみ有効である、という点です。
連帯保証人は自身の連帯保証債務に対して時効を援用することはできますが、それはあくまでも連帯保証債務のみであって、主たる債務者の借金が消滅するわけではありません。
これはどういうことかといえば、連帯保証人が時効を援用したからといって、主たる債務者の借金も同時になくなるというわけではなく、自身の借金を消滅させるためには自身で時効を援用する必要があるということです。
それとともに、借金の時効について中断が行われると連帯保証人の連帯保証債務の時効についても同時に中断が行われます。