借金の時効は今すぐ確認

借金の時効期間の考え方

借金にも時効というものがあり、一定期間放置された借金については返済しなくても良くなります。
時効といえば、テレビなどでは事件を起こした犯人が時効まで逃げるといった設定のドラマなどでおなじみですが、借金についても法律で定める期間が経過すれば時効が成立します。
ただし、法律で定める期間が経過したらその瞬間に自動的に借金がなくなるというわけではありません。
借金の時効を成立させるためには、時効の援用といって借金の時効が成立したことを主張しなければならず、この援用をしなければ借金の時効が完成しないものとなっています。

 

ではこの借金の時効ですが、いつからいつまでがその期間なのかといえば、個人間の借金の場合で10年、業者からの借金の場合で5年という期間が規定されています。
つまり、消費者金融などからお金を借りた場合5年間返済しない状態が続けば借金の時効が成立する可能性があるということです。
実際にはそこまで単純な話ではありませんが、基本的な考え方として一定期間が経過することが必要であることは理解しておくと良いでしょう。
この借金の時効期間の起算日については、返済期日によっていくつかのパターンに分かれます。
まず、借入を受けている借金の返済期日が決められている場合、この返済期日の翌日が借金の時効の起算日となります。
返済期日はその日に借金を返さなければならない日ということなので、その日がくるまでは借金の時効はカウントされないということですね。
次に、借金の返済期日がわからない場合や、期日を決めていない場合ですが、この場合は借金をした翌日から時効期間の計算が始まります。
消費者金融などのいわゆるカードローンを利用してお金を借りる場合というのは、住宅ローンなどとは異なり返済期日というものは特に設けられておらず、決められた返済日が月に一回あるという仕組みです。
この毎月の返済日は、借金の返済期日とは異なりその日に全額返済しなければならないというものではありません。
また、借金の時効というものは時効期間中において返済を一度でもしてしまうと時効期間のカウントがリセットされてしまいます。
消費者金融などのように返済期日が明確に定められていない場合には、返済した日の翌日から5年が経過することで借金の時効が成立します。

 

このように、借金の時効の起算日というのは実際にお金を借りた状況によって異なります。
いつからいつまで、という期間の区切りがあるのが時効というものなので、自身の借金がどのパターンに当てはまるのかということについては一度見直しておくと良いかもしれません。