借金の時効は今すぐ確認

借金の時効が成立するための手続

借金の時効が成立するためには法律で決められた期間が経過していることが必要となります。
時効の成立に必要な期間については、その借金の種類によって異なっており銀行や消費者金融といったところから借りている借金については5年という期間が経過すれば時効が成立します。
この他にも個人間の借金は10年といった具合に、様々な規定がありますがやはり身近な借金といえば銀行や消費者金融などからの借入が多いのではないでしょうか。

 

そんな借金の時効ですが、ただ単にこの期間返済しなければそれで良いというわけではありません。
この間債権者からの時効の中断が行われないということ、そして時効が成立する期間が経過すれば時効を援用することが借金の時効を成立させるための条件となります。
時効の中断とは、貸主である債権者が裁判所を通じて返済の通知を送る、あるいは返済を求めて裁判を起こすといったことがそれに該当します。
もしも借金の時効期間の途中でこうしたことが行われていた場合には、たとえ5年が経過しても時効は成立しません。
この時効の中断が行われると、その段階で時効期間のカウントはストップするばかりか、裁判所からの通知を無視していると借金が確定し今度は返済する義務が発生します。
こうなってしまうと借金の返済を免れることは事実上不可能となります。
もっとも、債権者にとっても借金を返済してもらえなければ損失が残るだけですので、何らかの方法で時効を中断させるための措置を講じる場合がほとんどです。

 

さて、こうした時効の中断が行われないまま無事に時効期間が経過すればそこで晴れて時効の援用手続きを進めることができます。
この時効の援用をしなければ借金の時効は成立しませんので、期間がすぎればそれで良いというわけではないことを理解しておきましょう。
時効の援用手続きをすすめるには、債権者に対して時効の期間が経過したこと、そして時効を援用することを通知することで成立します。

 

このように、借金の時効が成立するためには以下の3つの条件を満たす必要があります。
ひとつめは、借金の時効が成立するための期間が経過していること、
ふたつめは、その期間内に借金の時効を中断する手続きが行われていないこと、
みっつめは、借金の時効の援用をすることです。
これらの条件をすべてクリアすることで借金の時効が成立し、借りたお金に対しても返済をしなくても良いという状態になります。
現実的にはふたつめの条件である借金の中断が行われないことがかなり難しい条件といえますので、この点をどうクリアするかが借金の時効では重要なポイントとなるといえるでしょう。