借金の時効は今すぐ確認

借金の消滅時効

できればお金は借りずに生活できるのであればそれに越したことはありません。

 

しかし、住宅ローンや自動車ローンのように高額商品を買うためのローン商品というものもありますし、消費者金融や銀行カードローンのような商品も存在します。

 

これらのローン商品を利用してお金を借りた場合、当然ながら返済しなければならないという契約となっています。

 

ただし、借金の時効が成立すればその分に対しては返済をする義務、いわゆる債務はなくなります。

 

借りたお金を返さなくても良い、そんな時効はどうやって成立するのでしょうか。

 

まず、時効という言葉の意味ですがこれはある一定の期間が経過するとその権利関係が消滅するということを指しています。

 

法律的には消滅時効と取得時効の2つがあり、借金の場合は消滅時効が適用されます。

 

消滅時効とは、一定期間その権利を行使しなければその権利が使えなくなってしまう時効のことをいいます。

 

借金の場合は5年〜10年と設定されており、銀行や消費者金融のカードローンなどの場合は5年、家族や友人からの借金は10年が時効の期間として法律上は規定されています。

 

借金の消滅時効の場合は、融資を行った銀行や消費者金融などのカードローン業者が返済しない相手に対して全く請求をしない状態が5年以上続くと消滅時効が適用されます。

 

つまり、5年間何も返済しない相手に対して何も請求しないという状態を続けているとその後はもう返済を請求することができなくなり、融資を行った相手についても返済する必要がなくなります。

 

この借金の消滅時効については返済日が決まっている場合、最後に返済をした日の翌日から時効期間の起算が始まります。

 

カードローンを利用してお金を借りた場合というのは、基本的に毎月決まった日に一定の金額を支払うという仕組みですが、この返済日が借金の時効におけるひとつの基準となっています。

 

このように、借金における時効とはあくまでも権利の消滅であるという点がポイントとなります。

 

たとえばカードローン業者から借金をしている場合、最低でも5年間はカードローン業者から何のアクションもないという状態が必要ですが、普通に考えるとこのようなケースはほとんどないといえるでしょう。

 

お金を借りている側からすれば借りたお金を返さなくても良い時効という仕組みは、なかなか都合の良い話のように思われるかもしれません。

 

しかし、その時効を成立させるためには様々な条件を満たす必要があり、実際に借金の消滅時効が適用されるまでにはクリアしなければならない要件がたくさんあることを理解しておく必要があります。

 

もちろんお金を返さない前提でカードローン業者などから融資を受けるというのも法律的に違法と判断される可能性もありますので、必ず返済できる見込みと意思がなければ借金には手を出さない方が賢明といえるかもしれません。