借金の時効は今すぐ確認

借金の消滅時効までの流れ

借金の消滅時効を成立させるためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

 

・借入を受けた分に対して返済していない状態が続いている
・時効を適用する旨を貸主に対して伝える

 

日本の法律では、借金の時効が成立するまでの期間として、家族や友人からの借金の場合で10年、消費者金融などのカードローンの場合で5年という期間が規定されています。

 

ただし、この期間を経過すれば自動的に借金を返済しなくても良いというわけではなく、時効制度を利用することの意思表示をする必要があります。

 

もちろんこの条件は、あくまでも借金の時効が成立するための最低条件であり、ここに至るまでには様々な制約があります。

 

実際に融資を行った貸主からすれば時効が成立すればお金を返してもらえないわけですので、時効を中断するための策を講じることになるでしょうし、中断されれば時効を成立することが難しくなります。

 

払わないという意思表示をしていればそれで良いというわけではなく、貸主にとってはお金を貸している以上は返済してください、という権利が発生します。

 

借金の消滅時効とは、その返済してください、と言える権利が消滅するというものなので、時効を成立させるためにはかなり難しいといえるかもしれません。

 

そのため、実際に借金の消滅時効を成立させるための最大のハードルともいえるのは、貸主からの時効の中断がない状態をいかに継続するか、という点にあります。

 

消費者金融をはじめとするカードローンを利用してお金を借りている場合は最低でも5年間は時効の中断が行われない、という必要がありますが、こうしたケースの場合相手は債権回収のプロですのでかなり難しいといえるでしょう。

 

借金を返済してもらうための方法は、違った表現をするならば「取り立て」というものになりますが、そのための方法についても基本的には合法的なものとなりますので、消滅時効で返済しなくても良い状態を目指すのはほぼ不可能といえるかもしれません。

 

こうした様々なハードルを乗り越えて、時効制度を利用するための意思表示を貸主に対して内容証明郵便を送り、それを貸主が受け取って初めて時効が成立します。

 

ここまでの流れを踏まえることで、晴れて借金を返さなくても良いという状態に持っていくことができるのです。

 

借金を返さないという状態にするためにはかなり難しいといえるかもしれませんが、無事に時効が成立させることができれば、借りたお金は返さなくても良いと合法的に認められることになります。