借金の時効は今すぐ確認

借金の消滅時効のデメリット

借金の消滅時効が成立した場合、借りたお金は基本的に返さなくても良くなります。

 

これだけ見るとかなりメリットが大きいような気もしますが、メリットがあればデメリットもあるのが世の常というものです。

 

まず、気をつけておきたいのが個人信用情報機関の存在です。

 

消費者金融をはじめとするカードローン業者からお金を借りた場合、その情報は個人信用情報機関に登録されます。

 

この個人信用情報機関には、お金を借りたという事実だけでなくその借金に対しての返済状況なども同時に登録されていきますが、もしも借金の消滅時効が成立した場合は、信用情報は「延滞」または「延滞解消」という扱いになります。

 

借金が時効を迎えた場合というのは、当然ながら返済をしなくても良いということになりますが、この時効を成立させるためには借金を返済しないという状態を最低でも5年間は続ける必要があります。

 

そのため、個人信用情報機関に登録される情報は「延滞」という情報になり、この情報が残っている間は新たにお金を借りることができなくなります。

 

カードローン業者は融資を行うにあたり、個人信用情報機関に登録されている情報をもとに返済能力を判断しますが、「延滞」という情報が残っている相手に対してお金を貸すということを考えないためです。

 

この個人信用情報機関には最低でも5年間はそういった情報が残りますので、少なくとも時効が成立した5年間は新たにローンを組むことはできないと考えておいた方が良いでしょう。

 

また、時効が成立した場合でも、お金を借りていた業者のデータベースにはお金を借りていたという情報とともに返済しなかったという情報も残ります。

 

これは個人信用情報機関の情報が更新された後も残る可能性が高いので、こうした業者から新たに借入を受けることもほぼ不可能です。

 

借金の消滅時効を成立させることができれば、その分に対してはお金は返さなくても良くなるものの、お金を貸した側からすれば大きな損失となります。

 

そして、一度でもこうした実績を作ってしまうと、次にお金を借りようと思っても、また返済されないのではないかという不安を相手に抱かせてしまう要因を作ることになってしまいます。

 

基本的には借りたお金は返すもの、というのが世の中のルールです。

 

カードローンでお金を借りる場合も返済することが前提での契約となりますので、借金の消滅時効が成立し返済しなくても良い状態になったとしても、その場合におけるデメリットについて考えておく必要があります。