借金の時効は今すぐ確認

借金の時効を援用するためには

借金の時効を成立させ、返済しなくても良いという状態にするためにはまずはその時効を援用する必要があります。

 

基本的には時効が援用できるだけの期間が経過していることが前提となるのですが、時効を援用するうえで失敗してしまうケースも多いようです。

 

まず、最も多いのが時効が援用できるだけの期間が経過していない、という場合です。

 

借金の消滅時効を援用するためには、個人間の借金で10年、業者間の借金で5年という期間が経過している必要がありますが、この必要な期間が経過していないのに時効の援用をしてしまう場合があります。

 

その場合は当然ながら時効は成立しませんので、まずは時効が成立するかどうかの期間を調べなければなりません。

 

ここで重要となってくるのが、借金の時効が成立するための「起算点」を調べることです。

 

たとえば消費者金融などからお金を借りている場合、時効が成立するために必要な期間は5年ですが、この場合最後に返済した日の翌日から5年という計算になります。

 

つまり、最後にお金を返した日がわかれば、その日の翌日から5年が経過していれば時効が成立していると考えることができます。

 

ではどうやってこの最後に返済した日を調べるのかといえば、ここで確認したいのが個人信用情報機関に登録されている信用情報です。

 

個人信用情報機関には、カードローンへの申込履歴や返済状況などが登録されており、クレジットカードやカードローンの審査などではこの信用情報を参照して返済能力を判断しています。

 

なお、この個人信用情報機関に登録されている信用情報については本人であれば情報を開示してもらうこともできますので、この情報を調べることで最後に返済した日を確認することができます。

 

また、確認できるのであればカードローンを契約した時の書類や利用明細などがあればより確実な日付を調べることができるのではないでしょうか。

 

そのうえで大事なことは、時効が中断されていないかどうかを確認することです。

 

債権者は裁判所に申し立てて時効の中断をすることができますので、この場合には仮に最後に返済した日から5年が経過していても時効が成立するための期間はリセットされてしまいます。

 

そのため、時効を援用する前にこうした裁判所からの通知が届いていないか、裁判を起こされていないか、といったことを確認することも大切です。

 

借金の時効が成立するためにはそのための期間が経過することをただ待っていれば良いというわけではなく、様々な部分で気をつけておく必要があるのです。