時効援用制度ってなに?

時効援用制度ってなに?

決める

時効援用制度を知らなければただ消滅時効の期間が過ぎたからと言って安心してはいけません。

 

トップページでも書きましたが時効援用には落とし穴があります。

 

この落とし穴に落ちていないかを確認しながら慎重に進めていくことでめでたく時効成立となるのです。

 

 

重要なことなので何度も言いますが、消滅時効期間を確実に経過していることが重要です。

 

消滅時効の期間は前項で説明しましたので、ここでは消滅時効期間が過ぎていると思われる状況を前提に書かせていただきます。

 

貸金業者からの借り入れは5年、個人からの借り入れなら10年と消滅時効の必要期間は決まっていますが、その期間を経過したからといって時効ですよというわけにはいかないというのは前にも述べた通りです。

 

時効が成立するのに最後に必要なこと、それが時効の援用です。

 

つまり、債務者が債権者に借りたお金の時効の条件は満たしているので、時効が成立し、お金を返す意思はない旨を伝えることが必要なのです。

 

ですが、ここに落とし穴があり、実は過ぎていたと思っていた期間がまだ過ぎていなかったなんてことがあります。

 

なぜ起こるか?

 

これが時効の中断によるものなのです。

 

確認してても知らぬ間に中断されていたなんて目も当てられないですね。

 

時効が中断する原因は以下の3点です。

 

  1. 請求
  2. 差押え・仮差押え又は仮処分
  3. 債務の承認

 

これらの中断を回避できていたら晴れて時効の援用を申し出ましょう。

 

ただし、制度の利用で失敗する人は中断の認識の甘さで失敗することが多いのも事実です。

 

本当に時効の期間が成立しているか不安なら無理せず専門家の意見を聞いてみましょう。